【ニコニコミュニティ】自重?何それおいしいの?の生放送
2011年01月13日

【拡散希望】Macでニコ生ゲーム実況をしている生主さんへ・おかわり【人柱報告】

今回は、以前ブログで取り扱った↓で使用するキャプチャソフト不具合情報の続報です。




※なお、以前の記事はこちら↓
【拡散希望】Macでニコ生ゲーム実況をしている生主さんへ【不具合報告】




今回の話題は二つ。



一つ目は、先日公開された「MacOSX10.6.6」で不具合がどうなったかです。











まあ、治ってたら【人柱報告】なんてサブタイトル入らないんですがwwwww

不具合は絶賛継続中です。
恐らく10.6.5で変更された「何か」とキャプチャソフトが干渉するんでしょう。
OSではなくソフト側がアップデートしない限り治らないと思われます。








二つ目は、以前のエントリーの最後でちょろっと触れた「恐らく可能であろう方法」の話です。

回りくどい表現を使ってますが、難しいことではありません。
その方法というのは、「EzCAP Capture」以外のソフトをキャプチャソフトとして使うというものです。






「え?そんなことできるの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、できます。

例えるなら、キャプチャソフトは「通訳」です。
ゲーム機とMacは、ビデオキャプチャという「電話」を通して繋がっています。
しかし、ゲーム機はゲーム語しかしゃべれず、MacはMac語しか理解できません。
この状態では、Mac側は繋がっていても「ああ、何か音が聞こえるな」で、意味がわからないので仕事ができません。
この両者の間を取り持つのが、通訳たるキャプチャソフトです。
ゲーム語をMac語に変換してくれるので、Macも聞こえてくる音声の意味がわかるので働けます。
キャプチャソフトを変えるというのは、この「通訳」を交代させるようなものです。



そして、現在「EzCAP」の代わりになれる通訳が二人ほど存在します。
「QTRex」と「QuickTime7Pro」です。

『MacFeeling Software ‐QTRex‐』 ※無料
『Apple ‐QuickTime7 Pro‐』 ※有料(3400円)


無料のQTRexは割と早い段階でテストしてみましたが、QuickTimeの方がまだだったんで記事にせず暖めておきました。
で、今回は冬ボの名残でQuickTime7Proを購入し人柱になったんで報告します。






ハッキリ言います、どちらもおすすめできません。

私はMacのキャプチャ画面でゲームするスタイルで実況してますが、同じやり方の人はこの二つの導入しても幸せになれないと思います。

問題点
・アスペクト比が4:3で固定、EzCAPのように設定で変更できない
・ソフトが重く、ニコさんMac(Core2Duo 2.53GHz)だとこれだけでCPU使用率が30%前後(EzCAPは15%前後)
・キャプチャ窓の額縁面積が大きく、CamTwistのアプリ固定キャプチャが使えなくなる
・QuickTime7Proに至ってはウインドウサイズも変更できないため、しょっぽい小窓を眺める羽目になる
・ちなみに、QuickTimeの方はキャプチャ開始のため毎回起動→新規ムービー収録をしないと窓が出てこない



CPU使用率の問題はiMacなど高性能機種ならカバーでき、実際にQTRexでゲーム実況をされている方もいらっしゃいます。
が、アスペクト比と額縁に関しては改善方法がありません。




あんまりいい話題がありませんでしたね。
私はもうしばらく10.6.4+EzCAP環境で実況を続けようと思います。
posted by ニコ at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | Mac・ニコ生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月07日

新春!アーマード・コアフォーアンサー(ACfA)対戦枠の告知

来たる1月9日(日)の15時くらいから、下記のコミュニティにて「アーマード・コア フォーアンサー」の対戦メインの枠を放送します。


【ニコニコミュニティ】自重?何それおいしいの?




「逆関節・追加ブースト・両手ブレード禁止」を基礎ルールとし、ステージや時間、人数はリスナーさんの意見も交えて当日に決めます。
また、リスナーさん以外の参加者は、参加人数に空きがない場合・対戦の運営に支障を来す場合のみニコさんの自己中判断でキックとします。

なお、コミュ参加者以外の飛び入り参加も歓迎です。

ただ、性質上コメントを頂けないとコミュニケーションがしにくにので、「参加したいです」の意思表示と名前だけもでコメントして欲しいです。

対戦欲をもてあましているリンクスの皆様、参戦をお待ちしております。
posted by ニコ at 07:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | Mac・ニコ生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月05日

Macでニコ生ゲーム放送のやり方講座・第一回「準備編」

※2011年3月8日第1.5回の記事あり、詳しくはこちら


今回は、数ヶ月前ブログにてリクエストのあった「Macでニコニコ生放送を配信するフローチャート」について書きます。

ええ、信頼の納期です。

タイトルにある通り、ゲーム実況がしたい方向けです。

長くなりそうなので連載形式でやります。

「俺Macすら持ってないんだがwww」という方や
「PCはそれなり使えるけど何をどうすれば実況ってできるの?」という方
「僕もジョブズ教に入信したいです」という方でも

これを読めば生主デビューできるような解説にしていきたいです。

今回は第一回目「準備編」です。










ここでは、実況に必要なものを集めます。

本当に集めるだけです。

「もう全部揃ってるよ」という方は読み飛ばしてください。







1、Mac本体http://www.apple.com/jp/mac/) ※有料

これがないと始まらないわけですがwwwww
特に理由がない限り、

・iMac
・MacBookPro(15インチ以上)

のどちらかを選ぶのが無難です。
どちらも現行モデルならカスタマイズしなくても十分な性能です。
高解像度(640×480など)の配信をしたい場合はiMacにしてください。
ノートでは無理です。
ちなみに私は13インチのPro(2009年中期モデル)で放送してますが…画面が狭いですね。
Amazonは品揃えが中途半端なので、Appleの公式ページで買うのをおすすめします。

「Apple Store」
http://store.apple.com/jp/browse/home/shop_mac?mco=MTM3NjY2NDE

PC類に詳しくない方はAppleStore(の入った家電量販店含む)がいいと思います。
なお最近CMで見かける新型MacBookAirは、最大限カスタマイズしても「ゲーム実況に」耐えられる性能を持っていません。
かっこいいですが諦めましょう。






2、ニコニコプレミアムアカウントhttps://secure.nicovideo.jp/secure/static/register/detail.html)  ※有料


月額525円をお布施して、運営の養分になりましょう。
ちなみに、ニコニコ動画は生主の増加により動画共有系のサイトとしては世界で初めて黒字化に成功したそうです。
ソース
http://biz.bcnranking.jp/article/news/1005/100513_122713.html





3、ビデオキャプチャ  ※有料

ゲーム機から出ている赤黄白のケーブルをMacに繋いで、Macのディスプレイにゲーム画面を表示させる装置です。
私は↓を使っています。
by カエレバ


価格の割になかなか安定した性能を持っています。
Macでゲーム実況するにはこれが一番いいと思います。
ゲーム画面は↑にCDで添付されたキャプチャーソフトを使って表示させます。
一つ注意しないといけないのは、そのキャプチャソフト「EzCAP Capture」に問題があることです。
先日ブログでも取り扱いましたが、このソフトにはOSX106.5環境で正常に動作しなくなるバグがあります。
もちろん回避方法はありますが、購入検討中の方はこのバグを考慮して買いましょう。

【2015年6月追記】
環境再編に伴い、現在は↓のキャプチャを使っております。

Blackmagic Design キャプチャーカード Intensity Shuttle Thunderbolt 001587
by カエレバ

かなり高価ですが、Macでのハイビジョンキャプチャとしては筆頭候補の一角です。
【2015年追記終わり】



4、マイク ※Mac搭載のでいい方は無料

実況に主の声を入れるのに使います。
もともと付いてるのがあるので、わざわざ用意する必要もないでしょう。
詳しくは知りませんが、歌主さんとはか外付けの高性能マイク使ってるんでしょうか。






5、仮想ウェブカメラソフト  ※無料

生放送はMacのディスプレイの映像をキャプチャして配信します(厳密には違いますが、便宜上)。
これは何かと言うと、「画面のどこを配信するか」を設定するソフトです。
Mac専用の「CamTwist」が使いやすくておすすめです。
「CamTwist」
http://allocinit.com/index.php?title=CamTwist
英語のページで拒絶反応起こした人もご安心下さい。
ページの一番下の方、↓の「2.1」というところをクリックすればダウンロードできます。
ishot-10111311130927101-1-1.jpg








6、仮想音声デバイス「SoundFlower」  ※無料

映像と同じく、音声もどれを配信するのか選ぶことになります。
が、標準状態のMacでは「ゲームの音+主声+Macのシステム音声」を同時に流すことができません。
これは、その問題を解決するツールその1です。
「SoundFlower」
http://cycling74.com/products/soundflower/
また英語のページですよ…
問題ありません。
花柄のアプリアイコンの下、「Download」の文字をクリックすれば落とせます。
ishot-10111311130927321-1.jpg










7、音声ミキサーソフト「LadioCast」  ※無料


マイクからの音、ビデオキャプチャからの音、Macのシステム上で出ている音など、複数種類の音を一つにまとめるソフトです。
このソフトと6の「SoundFlower」を組み合わせると、「ゲーム音+主声+iTunesのBGM」のような音を放送に流せます。
設定が簡単な「LadioCast」で十分でしょう。
「かわうそのブログ:LadioCastアーカイブ」
http://blog.kawauso.com/kawauso/macladiocast/
タイトルでピンと来た方も多いと思われますが、日本語です。
ページの右タブ「ダウンロード」の下、「LadioCast-0.9.2.dmg」をクリックすればOKです。
ishot-10111311131030041-1-1.jpg


かわうそさん、いつも使わせてもらっています。
ありがとうございます。









さて、ここまで揃えば一応ゲーム実況はできます。

これより下は、あるとより便利なツールです。

放送のクオリティが高まります。

今後の連載ではこれらが導入されていることを前提として進めるので、ちょっと面倒ですが頑張りましょう。






 
8、コメントビュアー「NikonaMacomment」 ※無料

これは放送に投稿されたコメントを抽出するソフトです。
ブラウザ画面でもコメレスはできますが、こういった専用アプリを使ったほうが見やすさが段違いです。
「Hemus‐Macアプリ NiconaMacomment」
http://sites.google.com/site/nicohemus/home/niconamacomment
ishot-10111311131030221.jpg


こちらも日本語のサイトです。
開発者はアランヘムスさんです。
開発中止になっていますが、私は今でも使わせて頂いています。
ありがとうございます。







9、日本語読み上げソフト「Voiceunder」 ※無料

先に紹介した「NikonaMacomment」と合せて、放送のコメントを読み上げてくれます(厳密には日本語読み上げソフトではありませんが、便宜上)。
このソフトを使うには、「SayKana」「SayKotoeri」というソフトを先に入れる必要があります(どちらかと言えばこっちの方が日本語読み上げソフトだったり)。
まずは、「SayKana」のダウンロードから。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/mac/art/se475878.html
ishot-10112811281525031.jpg




次に「SayKotoeri」を落とします。
http://sites.google.com/site/nicohemus/home/saykotoeri
ishot-10112811281529311-1.jpg




最後に、「VoiceUnder」本体を。
http://sites.google.com/site/nicohemus/home/voiceunder
ishot-10120512052105581-1.jpg









10、FlashMediaLiveEncoder ※無料、ただしダウンロードするためにメアド登録が必要

通称FME。
「Liveの『L』はどこ行った?」は禁句です。
これを使うと、あのニコニコでも高画質・高音質の配信ができます。

ゲーム実況、特にアクションのような動きの多いゲームをやる方は絶対に導入すべきというくらい放送環境が変わります。

これについては私より運営の解説ページ見たほうが早いです。

「高画質・高音質で放送する‐ニコニコ生放送ヘルプ」
http://help.nicovideo.jp/live/2010/04/post-46.html










さて、ここまで準備はできたでしょうか?






あれこれページを飛んでもう疲れちゃいましたよね。

今回はこれで終了です。

次回はいつになることやら…
posted by ニコ at 21:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | Mac・ニコ生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする