【ニコニコミュニティ】自重?何それおいしいの?の生放送
2015年11月29日

一部界隈で人気の最強洗剤「ドライニング」を使ってみた

物事にこだわりだしたらキリがないのはわかっているんですが…
凝り性のニコさんは洗剤一つにまでこだわります。

まずは、↓のページを御覧ください。
クリーニング要らず!家洗いの「最強兵器」 ー東洋経済オンラインよりー
http://toyokeizai.net/articles/-/88726?utm_source=feedly&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

記事内では同社オンラインショップで1620円と書いてありますが、ニコさんはAmazonマケプレの業者から1200円(送料込)で購入しました。
image

photo by san niko

generated by FlickURL






さて、大事なのは420円の節約より実際の効果です。
画像取るの忘れてしまってたのが残念ですが、下記はニコさんが実際にドライニングを使った結果です。
40度前後のお湯とドライニング(量はキャ
ップ1回分前後)で、浸け置きは10分程度です。

1、ネクタイについたゲルボールペンのインク → 浸け置き洗いでは落ちきらなかったものの、原液付けと手洗いで落ちた
2、白シャツの襟の黄ばみ → 原液付けと手洗いでほとんど落ちた
3、白いポリエステル製バッグの汚れ → 浸け置きで全体的な汚れが落とせ、部分汚れは手洗いで落ちた
4、白いストールの黄ばみとシミ → 黄ばみはそもそも日焼けだったので落ちなかったし、シミもダメだった
5、数年間放置されたスニーカー → ある程度の汚れは落ちたものの、状態を回復させるには至らなかった

1と2はクリーニング屋に出しても落ちなかった汚れです。
これが落ちた時は結構感動しました。
3は中古品として売り出すために実施し、4と5は完全に実験です。





上記の結果からこの洗剤の特色をまとめてみました。

■高い洗浄力を持つが、どんな汚れでも強引に落とせるほどのパワーはない
■手荒れしないので、手洗いとの相性抜群
■クリーニング屋と比べると、手間はかかるが(自身の人件費を含めても)コストが圧倒的に安い
■洗濯機洗いと比べると、手間はかかるが服へのダメージを最小限に抑えられる
■課題は洗浄よりもむしろ脱水と乾燥




最も適した用途はやはり『おしゃれ着の家庭洗い』と思われます。
回転率が低くて単価の高い服はこれさえあればもうクリーニング屋は必要ないと言っても過言ではないでしょう。
クリーニングに出しに行って持って帰ってくるのにも自身の人件費を使っていることを考えた場合(10分ぐらいが目安)、自宅で全てを完結できるドライニングはコスパも優秀です。

反面、向いていないのは回転率が高くて単価の低いデイリーユースの下着類等です。
これらは全自動洗濯機で洗濯から脱水(場合によっては乾燥)までをサッと済ませたほうが楽です。
もしやるとしたら…週末に風呂釜を使ってまとめ浸け置きですかね。
その場合脱水機を購入する必要がありそうなので、やっぱり普通に洗濯機使ったほうがいいと思われます。
なお、ダウンジャケットや羽毛布団にも使用できるようですが…その場合洗浄より脱水と乾燥が重要になってくるので、コインランドリーを利用するのが無難そうです。






ドライニング自体は普通の中性洗剤なので洗濯機用洗剤としても使えます。
そういう意味では買って損をすることがないアイテムですね。
ニコさんは私服(TORNADO MART)とトレラン用のタイツ・メリノウールソックスなんかはこれを使う方向です。

ドライニング 液体タイプ 500mL
by カエレバ
posted by ニコ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月04日

嘘か真か?リカバリーウェア「VENEX(ベネクス)」を購入しました。

>リカバリーウェアにはベネクスが開発した素材であるPHT(Platinum Hermonized Technology)を使用しています。
>休養時のカラダを考えて独自開発したされたこの素材は、プラチナをベースに数十種類の鉱物を繊維1本1本に練り込んで作られるメイド・イン・ジャパンの新機能マテリアル。
>その機能性は国内外の15以上の大学や研究機関との共同研究によって証明され、すでに多くの論文が発表されています。
>休養時専用のウェアとしてPHTがカラダをやさしく包み込む感覚、特有の着心地をお楽しみください。
>なおPHTポリエステルフィラメント(PHT原糸)は エコテックス規格100※ の認証を得ています。














…だそうです。
上記はベネクス社の公式サイトより引用させて頂きました。
冒頭から何だかわかったようなわからないような…
なお、効果の科学的原理については公式サイトの開発ストーリーをご覧下さい。
長いので引用してられません。





ということで、今回はニコさんが最近導入したリカバリーウェア「ベネクス」についてのお話です。
本当は昨日行ってきたトレランについて書こうと思ってたんですが、疲れすぎて疲労回復の話に変更しました。






まずは画像から。




箱でパッケージされてます。
image

photo by san niko

generated by FlickURL

定価で税込み9,720円とかなり高価なTシャツ故か、箱にもこだわってます。

外観。
image

photo by san niko

generated by FlickURL

はっきり言って、見た目は普通のTシャツです。
縫い目等は丁寧に処理されているようで肌が擦れる感じ等がありません。
生地は確かに金属っぽいにおいを持ってるかもしれません。
普段は意識しないと気が付かないレベルですが、風呂上がりの水蒸気が多い状態で着ると独特の金属臭が感じられます。
特に不快ではありませんが、普通の化繊Tシャツにはないものです。

サイズ感。
image

photo by san niko

generated by FlickURL

177cm64kgのニコさんはMサイズを購入。
画像手前はパタゴニアのフォアランナーシャツ(US Sサイズ≒日本換算Mサイズ)。
ゆったりとした着心地です。
「リカバリーウェアをぴったり着たい」という変態願望がなければ、普段着ているのと同じサイズでいいと思われます。








さて、実際の効果についてですが…

















はっきり感じられたのは初めて着た時です。
痺れにも似た、身体に力が入らなくなるような感覚がありました。
以降は自宅にいる時ほぼ常着なのでそこまではっきりとはしませんが…あれはちょっと衝撃的でしたね。
肝心の疲労回復効果については…そこそこあるんでしょうか?
体感的な変化としては
・身体の強張り感が減った
・心なしか胃もたれが減った
・ちょっと眠い?
と言ったとことでしょうか。
一般個人では疲労回復についての定量的なデータが取れないので何とも言えません。
プラシーボと言われればそれまでですし。






こういったアイテムの効果は個人差が極めて大きいと思われるので、誰にでも手放しでおすすめはできません。
個人的には、

「しっかり休んでいるのに疲労が抜けない」

という感覚のある人に向いているという見解です。
疲労回復効果はあくまでも補助です。
適切な食事・睡眠・休養を取っていてはじめて効果を発揮できるものであって、間違っても「魔法のウェア」ではありません。
当然、昨日のトレランの結果今日のニコさんはマッスルペインに見舞われています。
これはプロテインを飲んだだけではガチムチになれないのと同じですね。

ニコさん個人に関して言えば、買ってよかったと思ってます。
高価に見合った効果かと問われると微妙な点もありますが、疲労回復はしっかり感じています。
疲れが取れるというのは健康と同じで金銭換算できないものでもあります。
まさに「お金で買えない価値がある」ということでしょうか。

なお、決済はJ○Bだった模様。

VENEX ベネクス リカバリーウェア メンズ リフレッシュTシャツ(M)
by カエレバ
posted by ニコ at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月01日

【レビュー?】Fre Quency 「Day After Day」【むしろPR?】

−ここが、あなたの魂の場所よ−










image
photo by san niko
generated by FlickURL





魂の場所とは光る円盤のことだったようです。

さあ、ついに待望のリリースを迎えたFreQuencyの「Day After Day」。
気になるシングルバージョンの出来は…






抜群ですね。





すいませんつい小並感が…
音楽の専門的知識はないものでご了承ください。
これだけではあまりに終わってるので、一応レビュー的なものを載せてみます。


・SoundCloudの視聴版でローテンポだったのが原曲?準拠のテンポに戻った
・CD音源なのでPV版に比べて楽器隊(特に弦楽器)の音が潰れずクリアになった
・エンディング部分は実質効果音で終わるPV版とは異なり、しっかり一曲のエンドの形になった

といった所でしょうか。
基本的には原曲?であるPV版の忠実なシングルカットです。


書き下ろしの新曲「Amelia」も秀逸な出来です。
アーマードコアの曲っぽくもあり、FreQuencyのオリジナル曲っぽくもある曲です。
発見した学者の妻の名前を取って「Amelia」と名付けられた小惑星があるらしく、そう言われてみれば小惑星らしい浮遊感や寂しさを備えているなと一人で納得しています。


あ、言い忘れてましたけどジャケットかっこいいですよね。

by カエレバ
posted by ニコ at 04:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする