【ニコニコミュニティ】自重?何それおいしいの?の生放送
2015年07月12日

【書評?】鏑木毅 トレイルランニングトレーニングBOOK

「トレランの本」と言うと、真っ先に出てくるのは恐らくコースを解説した本かと思われます。
逆に言えばそれ以外に何があるかという話ですが、Amazon先生では「RUN+TRAIL」等の雑誌が多いようです。
そして、ニコさんは最近発売されたこちらを入手しました。

image

photo by san niko

generated by FlickURL



そもそも論ですが、「トレイルランニング」というスポーツ自体その名前を持ってから極めて歴史の浅い競技です。
ニコさん自身もキャリアとしては1年弱で、トレーニングやテクニックを学ぶにはYouTubeやネットで見られる選手の解説等が頼りでした。
そんな手探りの状態の中、この本はレベルアップのための一つの指針になる存在だと思います。
一見レースへ出るようなガチ勢向けっぽそうな雰囲気の本ですが、実際に読んでみるとレースを強く意識させるのは「トレーニングの年間計画」の部分やレース出場について書いてあるチャプター7ぐらいです。
むしろ、具体的なトレーニングやテクニック・フォーム・ストレッチ等の地味ながら重要な基礎の部分が充実しています。
読んでいてYouTubeの解説動画等を思い出す場面や、実際にトレランをして感覚的にはわかっていたけど言語化・理論化ができていなかった部分が文章になっていたりします。

余談ですが、ニコさんはこれを購入する少し前にトレーニングマットを購入し、腹筋を中心としたインナーマッスルトレーニングを開始していました。
単純な肉体的衰えと極端に細い足型から来る着地の不安定さ解消するのが目的でしたが、本書でも同じような内容のトレーニングメニューがあり、目指す方向性の再確認になりました。
強い体幹はどんなスポーツでも重要なようです。
ただし、トレーニングというのはあくまでも手段であって目的ではありません。
トレーニングバッチリでも疲労でトレランに行けないとかだと笑い話にもなりません。
そこを間違うと↓の彼のようになってしまいますから…

3423c24a

photo by san niko

generated by FlickURL





あっ…(察し







posted by ニコ at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月07日

アシックスストア原宿で足型と走り方を測ってきました。

今回は、アシックスストアでの足型とプロネーション測定のレポートです。
IMG_3440

photo by san niko

generated by FlickURL

「プロネーション」なんて単語が出てくるあたり、トレランカテゴリも徐々に病気度が増してきましたね。
ニコ的には通常運転です。
IMG_3441

photo by san niko

generated by FlickURL





それでは、診断結果晒しから始めましょう。
↓がニコさんのデータです。
9280AD35-4C8D-42AA-BA3E-6D3F44C040DB

photo by san niko

generated by FlickURL


細長杉内wwwwww
「年代と性別の平均値」とあるので、昔より細長が多い20代平均に対してこの値ということになります。
かなり変態的な足をしているのでしょう。
これはシューズ難民になるわけです。
足型に関して今更劇的に変えることは難しいので、合う靴を探すしかありませんね。

さて、問題は足型に比べ後天的要素が大きい走りの「癖」の方です。
ニコさんのケースでの問題点は以下の通り

両足とも極端なアンダープロネーション
右親指は平時は外反母趾傾向、走行時は逆に内側に反り過ぎという謎の動き
走行時は両足とも「顕著に外向き」と書かれるこのフォーム。

こんなんで走るとかwwwww
原因は複数考えられますが、某アウトドアショップの店員のおっさん曰く

『「シューズが脱げそう」という感覚が無意識にあることで、脚を外旋させる走り方になってしまう』

との指摘がありました。
長さの都合で踵に対して大きいシューズを履かざるを得なくなっているとのことです。
前述のおっさんの話は今回の診断を受ける前のことですが、図らずも科学的な裏付けが取れてしまいました。
ニコ膝が腸脛靭帯炎ではなく鵞足炎寄りになっているのもこのフォームが原因でしょう。
そして、そのフォームの原因がド変態な足型に合うシューズがないという二段構えです。
何だかワケが分からなくなってきました。


今回の測定で、科学的な見地から自分の状態を把握することができました。
自覚があるものの裏付けが取れたり、指摘されて初めて気づいたこともあるなどやってよかった感抜群です。
問題や原因がハッキリすれば対策が取れますからね。

プロネーション測定は2000円ほどかかりますが、同ストアでシューズを購入すると3ヶ月以内なら購入代金が2000円分値引き(=測定代が無料)になります。
ニコの場合は、先に検討中だったトレランシューズのフィッティングを全て終え、アシックスのシューズを購入することが確定していたというのも測定の動機だったりします。
なお、購入したモデルは「ゲルフジアタック4」です。
こちらについては後日レビューします。
posted by ニコ at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月31日

GREGORYのTEMPO8に付属するハイドレーションを改造してみる

最近購入したGREGORYのTEMPO8。
グレゴリー(GREGORY) テンポ8 カーボングレー 23J*080 MD/LG
by カエレバ

ハイドレーションリザーバーが付属するのはいいんですが…
ハイドラパック社から発売されている通常版?(というか元モデル?)に比べると細かい機構が省略されています。
が・・・それ以外はぶっちゃけロゴが違う程度なので、同社のアクセサリーパーツがそのまま流用できるのでは?
と考えました。




ということで、今回はこれを購入。
image

photo by san niko

generated by FlickURL


「エリート弁機能付着脱コネクター」
image

photo by san niko

generated by FlickURL


早い話が、下の穴(意味深)に蓋をしたままホースを着脱できるようにするパーツです。
image

photo by san niko

generated by FlickURL


???「大丈夫だ、問題ない」
image

photo by san niko

generated by FlickURL


ということで、見事取り付けに成功しました。
image

photo by san niko

generated by FlickURL



ニコさんはハイドレに水を入れる時はザックから外す派なので、スイッチ一つで着脱ができるこのパーツはありがたいです。
当然、外しやすいので帰ってきてからのメンテナンスも楽チンです。
「大した作業じゃないジャン」という意見もあるかと思いますが、
準備や片付けのストレスが減るとその分トレランをより楽しめるようになります。

なお、この「エリート弁機能付コネクター」はマニアックなパーツ故か、ニコが行った限りではハイドラパック社の公式ショップリストに載ってる店数店舗でも売ってませんでした。
探す手間や移動費を考えると送料込みでもネット購入が最安と思われます。

ハイドラパック エリート弁機能付着脱コネクター 【自転車】【バッグ】【ハイドレーションバッグ】【ハイドラパック】
by カエレバ

グレゴリー(GREGORY) テンポ8 カーボングレー 23J*080 MD/LG
by カエレバ
posted by ニコ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。