【ニコニコミュニティ】自重?何それおいしいの?の生放送
2017年05月08日

TOAD3後編

今週は先週の記事の続きです。
5分程度で終わると思うので、先週の記事を読んで頂けると助かります。
GW最終日なので本当はもっと豪華な記事にする予定だったんですが…














3時間も昼寝してしまったせいで全ての予定が狂いました。














ということで行きましょう。




Eアークテリクス ノーバンVT

『ノーバンで始球式』のネタみたいな名前ですが、一応アーク初のトレラン対応シューズです。
一足でクライミングからトレランまで対応できるところをPRしているようで、確かにどことなくクライミングシューズを彷彿させる形をしていました。
29.0は大きすぎ、28.0では小さくて履けませんでした。
ということで推定サイズは28.5のようですが…当日そのサイズがなかったため試着・試走なしで終わりました。
色物系だったのでどんな感じなのか試せなかったのが残念でなりません。



Fラ・スポルティバ アカシャ

試着のみ。
28.5に足入れし、踵が抜けるような感触がありました。
スポルティバは他メーカーに比べると細身なはずなんですが…
ニコさんの足にはそれでも足りなかったようです。



Gバスク モデル名不明(軽量のレース向けタイプとの事)

このブランドもモントレイルと同じく、その昔某店で試着してみたモデルが全く足に合わず敬遠してました。
モントレイルの件もあったんで、ついでに試してみました。
28.5では小さく、29.0にしたような…ちょっと記憶が怪しいです。
良くも悪くも密着感がすごかったのがインパクト大で、それ以外が飛ぶレベルでした。
昔履いたシューズのように幅が極端に余ることはなかったです。
試走の感想としては、何というか足袋を履いているような感触でした。
いや実はニコさん足袋履いたことないんでイメージ的な話です。
つま先に余裕がなかったのと、ちょっと着地が硬すぎた感じが残っています。
見た目は割と普通だったのに、ある意味一番個性的なシューズでした。



Hイノヴェイト エクスタロン番号不明

イノヴェイトは2年位前に原宿のストアで試着したことがあり、エクスタロンシリーズが一番足に合うことまではわかっていました。
ぜひとも本物のトレイルで試走しようとしたんですが…
アークと同じく、サイズがありませんでした。
28.0までしかなく、それでは小さすぎました。
残念です。









【総評】

何種類ものシューズを試してわかったことは…

























ゲルフジアタック4がとてもバランスの良いシューズだったということです。





















…って終わってしまうと身も蓋もないので、詳しく書きます。

現在ニコさんが使用しているゲルフジアタック4は、ぶっちゃけ際立った特徴がありません。
昨今の風潮であるレースを基準とした考え方をした場合はプロテクション重視の中長距離向けモデルになりますが、トレランシューズと考えた場合はさほどでもありません。
5段階評価をするならグリップは2でフィット感が4、残りはオール3みたいなシューズです。
今回かなりの数のシューズを試しましたが、この「オール3」的な水準に到達するのがいかに大変なのかがよくわかりました。
どんなシューズがいいかは個々人の好みや嗜好もあるので一概には言えませんが、ロードに比べて悪い環境に出向いて走るトレランの特性を考えるとあまり極端に一長一短があるシューズは困るのではないかというのがニコさんの見解です。
各ブランド様々なアプローチから個性的なシューズをリリースしていますが、求める結論は「山を快適に走ること」なはずです。
現在トレランは成長中の市場なので全盛期のジオン軍並に次々と特徴的なモデルが出てきますが、もう少しすると落ち着いてくるかもしれませんね。
posted by ニコ at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック