【ニコニコミュニティ】自重?何それおいしいの?の生放送
2016年08月15日

武甲山への挑戦

今日はニコさんのなつやすみ最終日です。
今回はこの夏の挑戦を振り返るべく、山の日の翌日に行ってきた埼玉にある武甲山のコースレポートを投稿します。












さて、今回の武甲山コースですが…
コースマップはこちらから確認して下さい。

西武鉄道ハイキングマップ−秩父の名峰・武甲山山頂への道
http://www.hikingmap.jp/hikingmap/




このコースは単純に言うと

「1000m登って1000m降りる」

という形になってます。
1000m超えの一気の登りはニコさん史上初の挑戦です。
もちろん、一気に1000m降りるのもです。
武甲山は山頂に神社がある霊峰でもあり、名前からして「武甲山」と険しいです。
完全に身構えてしまいますよね。






ということで、まずは今回の装備品について。
細かいのでいつも通り画像載せておきます。
image

photo by san niko

generated by FlickURL






身構え杉内です。
一体どんな長距離のレースに出るのかと。
ザックは今年の春頃に入手した、ウルトラスパイアのザイゴス2.0。
非常に使いやすいんですが、紙耐久なので1回使うと1箇所は壊れるような感じです。
いやちょっとそれは言い過ぎかもしれませんが。
補助にウエストポーチのクァンタム2.0を使います。
スマホケース兼ジェルのゴミ入れです。
完全なまでのヤマケンスタイルです。
半年ぐらい前に知ったのですが、ヤマケン先生は身長がニコさんと全く同じ177cmで体格もニコさんとそう変わりません。
参考にした結果、ザックにしろウェアにしろものすごくフィットしています。

全部入れたつもりでしたが、忘れたものが2点ほど。
image

photo by san niko

generated by FlickURL

ストックとヘッドバンドです。
シナノのストックはニコさんがトレラン始めた初期の頃から使ってますが、こちらは神耐久っぷりを発揮しどこも故障がありません。
振り返ると、今回はストック持って行って本当に良かったと思います。













さて、ここから本題のコースレポートです。




スタートは横瀬駅。
image

photo by san niko

generated by FlickURL



山頂を包むガスはまるで霊峰・武甲山の結界のよう。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




山が見えた時、その威圧感に何か恐怖のようなものを覚えました。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




駅からは早歩きで約1時間くらい舗装路が続き、ついに登山口。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




ガン付けてくるワンチャン。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




神頼み…ならぬ熊頼み。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




心肺が強い人なら余裕で走れそうですが、ニコさんは登りザコなのでほぼ歩きです。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




武甲山周辺は水場がとても豊富です。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




大杉の広場。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




頂上には御嶽神社があります。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




山頂から見た地上。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




さて、ここからは下り一本です。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




下りの序盤は、走れないぐらい崖のような場所と走りやすい緩やかな箇所が入り混じってます。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




川があります。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




下ること約40分、ここからは一気に走れるエリアです。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




この辺から晴れてきて天気も絶好調になりました。
image

photo by san niko

generated by FlickURL





夏休みサイッコー!
image

photo by san niko

generated by FlickURL




ゴール地点には「土津園(はにつえん)」という食事処があります。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




武甲山では平成20年代初期からトレランレースが開催されているらしく、このお店はその当時からレースそのものやエイドでの支援をしてくれていたみたいです。
image

photo by san niko

generated by FlickURL




近年一部界隈でトレラン勢を排斥するような動きがありましたが、逆にこういった方がいることもクローズアップして欲しいです。
image

photo by san niko

generated by FlickURL









今回行ってきた表参道ルートは、前述の通り「1000m登って1000m降りる」という非常にシンプルなコース設計となっております。
日本のトレイルの特徴と言われている細かいアップダウンの繰り返しがほとんどなかったため、逆にとても新鮮な感じでした。
最近よく聞くバーティカルレースとかはこんな感じなのかもしれませんね。




今回のルートは山と高原地図タイムで5時間40分かかります。
ニコさんのタイムは山頂での休憩を含め約4時間で、圧縮率は約70%でした。
コースタイムの7掛けは平均的な初心者ランナーの目安です。
どう見てもザコです、本当にありがとうございました。



武甲山コースは途中にエスケープルートがないため、正直はじめてのトレランには向きません。
しかし、コース自体はほぼ一本道で整備もされているので、ある程度山に慣れていればすんなり行けると思います。
ニコ的におすすめの装備はストックです。
コースタイム2時間20分の登りパートを、ストックの力を借りたことでほぼ半分の約1時間10分まで圧縮できました。
反面、あれだけ大量に持って行ったジェル等の補給食は1/3ぐらいしか使いませんでした。
水も積んだ割には半分ぐらいしか飲んでません。
経験したことのない一気の登りと下りに身構え過ぎましたね。






ということで、皆さんも機会があったらぜひ武甲山へ足を運んでみて下さい。

by カエレバ


by カエレバ


by カエレバ
posted by ニコ at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック